Daiwa Living

を知る

自らの成長だけでなく、メンバーの成長・成果にもこだわっています。

市川営業所 主任小杉 一晃(新卒2013年4月入社)

質問入社動機は?

「不動産」を通じて、「人」に携わりたい。

学生時代に、カフェでのアルバイト経験より接客の楽しさを感じ、「人に携わる仕事をする」ことを軸に就職活動をしていました。 建造物が好きだったこともあり「不動産×人」といった視点で当社の事業は私にとても 合っている感じて入社いたしました。 大和ハウスグループの好調を牽引する事業であり、仕事の幅が広く、様々な挑戦できる環境は自分のレベルを高めていけると感じました。また大和ハウスグループのブランド力や福利厚生の充実もとても魅力的でした。

質問どんな業務内容?

様々なお客様を大和ハウスグループのファンに。

現在はオーナー様の大事な資産(賃貸物件)を預かり、管理運用しております。具体的には、リーシング(入居募集)および管理物件仕入、オーナー様と入居者様対応等の幅広い管理業務です。 オーナー様には安定した賃貸経営を、入居者様には安心して住んでもらえるような業務を心掛けております。私の担当物件に関わった方々が大和ハウスグループのファンになってもらえるよう日々奔走しています。

質問仕事の意義は?

信頼関係の構築からより大きな成果へ。

管理前のとあるオーナー様は、20世帯以上の物件の大部分が空室になっており、安定した経営ができておりませんでした。そこで、当社の一括借上システム(管理プラン)と現在の市場ニーズにマッチした設備投資をご提案し、あらゆるリーシング対策を実践した結果、無事、満室にすることができました。オーナー様も安定した賃貸経営が出来るようなり、それ以降大和ハウス工業で新築物件をご建築いただくまでの関係に。「その後の管理は小杉さんにお任せするよ」という言葉を頂いたときは、非常に嬉しく 自ら提案したプランがオーナー様と当社で「win-win」となったこと、オーナー様からとても感謝されたことはとてもやりがいに感じました。

質問主任の仕事とは?

メンバーの働く環境づくりから、自身の数字にもこだわる。

主任職として大事にしていることは、先ず「管理職のサポート」です。上長の指示を自分の中に落とし込み、メンバーが実行しやすい環境を作ることにより、指示がスムーズに現場に行き渡るように意識しています。2点目は、「成果を出すこと」です。目標数値達成にこだわり、成果を出すことは、主任であっても、プレイヤーとして重要だと考えています。その結果として、自分の姿勢がチームの士気向上と、各メンバーの成功体験へ繋がって欲しいと考えています。

質問今後の目標は?

事業の幅が広いからこそ、様々なことに挑戦できる。

先ずは、営業所所長を目指して、現場での経験値を積み、更なる知識の向上を目指していきます。その後は、海外での勤務にも挑戦し、いずれは経営に携わる業務をしたいと考えています。当社の事業は幅広く、様々なことに挑戦できる土壌があるため、自身のスキルアップに繋がる挑戦には積極的にチャレンジしていきたいです。そのために、最近では不動産に関する書籍を読んだり、管理業務主任者やFP等の資格取得など、自己研鑽に励んでいます。

質問メッセージ

課題解決の意識が、成長の一歩です!

賃貸管理の仕事は、ほとんどの方にとって、イメージが沸きにくい業務かもしれません。 「住まい」という生活においてとても重要な部分を担うため、時に大きなプレッシャーや問題にぶつかることがあります。同時に、オーナー様や多数の入居者様、協力業者様と良好な関係を築きながら遂行していく業務には、やりがいも多くあると感じています。 まだまだ現場には多くの課題があります。「課題を発見し、自ら考え、解決できる方」とぜひ一緒に働きたいと思います!

OFFの日には…

最近は、気温が心地いい時期になってきたので散歩にいき、気になったカフェを巡っています。家の近くにこんなお店やスポットがあったんだ、と新しい発見をするのが楽しく、とてもリフレッシュできます。仕事の日は忙しく動き回る分、休日はゆっくりとした時間を過ごすことが多いです。また動画サイトにある美味しそうなレシピを見つけて、スーパーまで買い出しにいき、平日作れない手の込んだ料理を作ることにもハマってます!!

OFFの日