Daiwa Living

沿革

1989年(平成元年)
  • 大和リビング(株)設立
1994年(平成6年)
  • (株)ダイワリビング西日本設立
1995年(平成7年)
  • (株)ダイワリビング近畿設立
  • (株)ダイワリビング九州設立
  • (株)ダイワリビング東日本設立
1997年(平成9年)
  • (株)ダイワリビング中部設立
1999年(平成11年)
  • 上記5社を吸収合併して大和リビング(株)として新スタートし全国展開を推進
1999年(平成11年)
  • 不動産仲介を目的とした大和エステート(株)を大和ハウス工業(株)と大和リビング(株)の共同出資にて設立
2001年(平成13年)
  • 大和エステート(株)を大和リビング(株)出資100%へ
2002年(平成14年)
  • 大和リビング(株)仙台支店開設
2003年(平成15年)
  • 大和リビング(株)千葉支店、神奈川支店、北関東支店開設
2005年(平成17年)
  • 都市型中高層賃貸住宅の管理へ本格参入
2007年(平成19年)
  • 大和リビング(株)神奈川支店を本店に統合
  • 大和リビング(株)本店を東京支店に名称変更
  • お部屋探しWebサイト「D-roomPlaza」開設
  • 株式会社イントラストとの提携による連帯保証人代替制度「D-Support」の導入
2009年(平成21年)
  • 吸収分割により大和リース(株)の集合住宅賃貸管理事業を大和リビング(株)が承継
  • 合併によりダイワマンスリー(株)のマンスリー事業を大和リビング(株)が承継
  • 法人向け社宅代行事業を開始
2011年(平成23年)
  • 大和リビング(株)仙台支店を東北支店に名称変更
  • 大和リビング(株)千葉支店を南関東支店に名称変更
  • 大和リビング(株)名古屋支店を東海支店に名称変更
  • 大和リビング(株)北信越支店開設
2012年(平成24年)
  • 大和リビングマネジメント(株)設立/吸収分割により大和リビング(株)のサブリース事業を大和リビングマネジメント(株)が承継
  • 大和リビングマネジメント(株)、大和リビング(株)、大和エステート(株)の3社による企業体「大和リビングカンパニーズ」を組成し、新体制で事業を開始
  • 韓国内の賃貸住宅管理業を目的とした(株)KD Livingを設立(kt estateと共同出資)
2013年(平成25年)
  • インターネットプロバイダー事業を目的としたD.U-NET(株)を設立(大和リビングマネジメントとU-NEXTの共同出資)
  • D-Festa日野よりサービス付き高齢者向け住宅事業を開始
2014年(平成26年)
  • 賃貸住宅へのエネルギー供給を目的とした大和リビングユーティリティーズ(株)を設立
2015年(平成27年)
  • web・ITに関する企画・開発を含めた総合コンサルティング事業を目的とした(株)Double-Dを設立
  • 米国での賃貸住宅管理業を目的としたDaiwa Living USA Inc.ならびにDaiwa Living California Inc.を設立
  • 「ロイヤルパークスERささしま」よりコンビニエンスストア事業を開始
  • 通信販売事業として大和ハウスグループのプレミアムECサイト「HeartOne mall」をオープン
2016年(平成28年)
  • 管理型不動産信託事業を目的としたハートワン信託(株)を設立
  • 国内で展開するホテル事業、海外のサービスアパートメント事業などのアコモデーション(短期貸し)事業を統合することを目的とした大和リビングステイ(株)を設立
  • 豪州・ニュージーランドでの賃貸住宅事業やサービスアパートメント事業を目的としたDaiwa Living Australia Pty LtdならびにDaiwa Living Waldorf Holdings Pty Ltdを設立
2017年(平成29年)
  • ベトナムでの賃貸住宅事業やホテル事業を目的としたDaiwa Living Vietnam Co., Ltd.を設立