Daiwa Living®

大和リビング株式会社

Daiwa Living COMPANIES 大和ハウスグループの賃貸住宅

大和ハウスグループサイト

「ご入居中!」トップ > 防災・防犯対策「地震」

検索 賃貸ライフガイドサイトマップ

安心・安全にお住まいいただくために! 防災・防犯対策

地震

地震が起きると、建物の崩壊や火災の発生にいたることもあります。
また、家具が転倒したり、物が落下した場合、大ケガをするだけでなく、避難経路をふさぐことにもなります。地震対策のポイントは、家具の正しい設置や転倒防止対策です。大掃除や引越しの時が見直しのチャンスです。

家具は転倒を防ぐため固定

背の高いタンスや棚は、壁の桟や柱に転倒防止用金具などで固定します。台に載せているテレビやパソコンなども、耐震シートなどで転倒防止対策を行ってください。

高いところに重い物を置かない

タンスの上などに、大きな物・重い物を置かないようにしてください。また、テレビや電子レンジなど重い家電製品はできるだけ低い位置に設置してください。

食器やガラスの飛散防止対策を

地震によって、食器棚の中の器などが動き、ガラス戸が割れて散乱すると、避難時の大きなケガにつながります。食器棚の引き出しや扉にストッパーをつけたり、扉がガラスの場合は、ガラス飛散防止フィルムを貼るなど、地震対策をしてください。
※食器棚には引戸扉に耐震ラッチ(ストッパー)付きのものもあります。

安全な家具の配置を

寝室やお子様・高齢者のいる部屋の出入口付近には、背の高い家具はできるだけ置かないようにしてください。地震時に家具などが転倒すると、避難経路をふさぐことになります。特に寝室では、寝ているところに家具が倒れてこないように家具の配置をしてください。

ポイント

災害対策として懐中電灯・携帯ラジオなどを常備してください。

ポイント

地震が起きたら落ちついて

あわてて外へ飛び出さない!
火の元確認、火の始末
戸外では広い所を通り避難する!