Daiwa Living®

大和リビング株式会社

Daiwa Living COMPANIES 大和ハウスグループの賃貸住宅

大和ハウスグループサイト

「ご入居中!」トップ > 日常の管理「凍結」

検索 賃貸ライフガイドサイトマップ

快適にお住まいいただくために! 日常の管理

凍結

冬期には給配水管などの凍結防止対策が必要になります。
対策を講じないと、水が凍結して給配水管や給湯器などを破損してしまうことがあります。暮らしに欠かせないお風呂のボイラー、給湯器などの器具の凍結による破損を防ぐためには、器具の取扱説明書に従い、水抜きを行ってください。

凍結防止のポイント

寝る前に水道の蛇口を開ける

注意報が出るほど極度に気温が低い日は、寝る前に蛇口から、少しずつ水を出し、水道の凍結を防いでください。流水の量は、1分間で牛乳瓶1本程度が目安です。

ブレーカーを「切」にしない

給湯器の凍結防止用電気ヒーターの通電を確保するため、冬の外出時にはブレーカーを「切」にしないでください。

注意

凍結防止措置をしないと修理負担も

ご入居者の方が凍結防止の措置を行わなかったために、給配水管を破損してしまった場合、ご入居者ご負担で修理をお願いすることがあります。凍結防止対策は確実に行ってください。

危険

水道管が凍結した場合は、熱湯はかけないでください。急激な膨張で水道管が破裂する恐れがあります。

降雪時に関して

降雪時には注意を

降雪時には階段、廊下が大変滑りやすくなります。お気をつけください。

除雪作業は各自で

除雪作業は各自でお願いいたします(駐車区画、道路への通路等)。作業に伴う除雪用具等につきましては、12月〜3月の間は共用スペース(玄関ドア横、階段下)に置いていただいても結構です。

各自にてご注意

屋根に雪止め金具が付いている物件では、一定量を超える降雪があると屋根雪が落下する恐れがあります。天災、自然災害による事故(人身、物損)は弊社では責任を負いかねます。各自にて十分にご注意ください。