Daiwa Living®

大和リビング株式会社

Daiwa Living COMPANIES 大和ハウスグループの賃貸住宅

大和ハウスグループサイト

「ご入居中!」トップ > 困ったときの対処法「電気のトラブル」

検索 賃貸ライフガイドサイトマップ

快適にお住まいいただくために! 困った時の対処法

電気のトラブル

漏電や、消費電力の大きい電気製品を同時に使用し契約容量以上の電気を使用したとき、安全のためブレーカーが「切」になり、停電となってしまうことがあります。

電気が消えてしまったらこんなときは

まずはブレーカーを確認

停電が自分の家だけかどうか確認し、ブレーカーをチェックしましょう。ブレーカーが落ちていたら、電力容量オーバーや漏電、器具故障の可能性があります。どのブレーカーが「切」になっているかによって判断できますので、ご確認ください。隣近所も停電している場合は、地域停電の可能性がありますので最寄りの電力会社にご確認ください。

家中全部の電気がつかない場合

器具を一度にたくさん使い、契約アンペアを超えてしまったために、アンペアブレーカー(又は漏電ブレーカー)が切れることがあります。ご使用中の消費電力の大きい器具のスイッチを切ってから、ブレーカーを「入」にしてください。

一部の部屋のみ電気がつかない場合

使用中の器具の故障やコードのいたみのため、あるいはその部屋で電気を使い過ぎたために安全(回路)ブレーカーが切れることがあります。その回路でご使用中の器具をチェックし、ブレーカーを「入」にしてください。

漏電ブレーカーが切れる場合

漏電ブレーカーを「入」にしても再度切れる場合は、漏電している恐れがあります。最寄りの電力会社までご連絡してください。

※ブレーカーが熱くなっている場合は、十分注意の上操作してください。

注意冬期は凍結防止のため給湯器の電源(ブレーカー)を
切らないようお願いします。

ポイント

電気製品のワット数
ドライヤー 約700〜1500W
アイロン 約1400W
洗濯乾燥機 約1400W
電子レンジ 約1300W
エアコン 約1250W
卓上食器洗い乾燥機 約1250W
電気ポット 約1200W
掃除機 約1000W
電気カーペット 約650W
こたつ 約600W
テレビ 約150W〜200W

こんなときは

ブレーカーが切れた時

最大使用可能容量(2000W)以上の電気が流れた場合は、自動的に回路が遮断されます。ブレーカーが切れた場合は、すぐに「入」にしないで、容量を超えた電気機器の使用をやめてからにしてください。

注意

エアコン、電子レンジは専用回路で

エアコン、電子レンジは、専用コンセントを使用し、電気容量を守ってご使用ください。