人を知る | 大和リビング株式会社採用サイト
新卒/第二新卒採用エントリーキャリア採用エントリー
大和ハウスグループサイトへ

を知る

リーダーとして、メンバーのために
風通しの良い環境づくりを心がけています。

横浜北営業所 リーダー矢野 貴尋(新卒2006年入社)

質問入社動機は?

人と接する仕事がしたい、という思いから、やりがいを求めて不動産の営業職を志望。

学生時代のアルバイト等でいろいろな職種を経験しましたが、やはり人と接する仕事がしたいと思っていました。接客業も考えたのですが、それよりも営業職のほうがよりやりがいを感じることができるのではないか、また不動産の仕事も面白いなと考えていたところ、大和ハウスグループに不動産関係の会社があることを知り、将来的な安定も考慮して大和リビングを志望しました。

質問どんな業務内容?

エリアのリーダーとして、メンバーを束ねるとともに、大和ハウスと連携し新築物件への提案を行っています。

LPM担当(リーシング&プロパティマネジメント)のエリアリーダーをやっています。業務の一つは大和ハウスとの連携です。エリア全体の市場を把握し、大和ハウスが物件建築の新規受注を行う際に同行して、提案、管理業務の契約などを行います。もう1つはリーダーとして、各エリアの現状数字を把握しながら、担当者とともに長期空室対策を共に行ったり、各担当がエリアで起きたお申し出事項に対し速やかに対応できているかチェックしたりしています。また、自分自身も担当エリアを持ち、物件の管理を担っています。

質問仕事の意義は?

賃貸のプロフェッショナルとして、大和ハウスやオーナー様へ市場を踏まえたご提案を行い、より良い物件づくりに貢献。

大和ハウスが新築物件を計画する際に、賃貸のプロフェッショナルとして市場にあった間取りや設備の必要性を提案し、よりよいものに変えていくということを行っています。例えば駅から離れたエリアなのに1Kの部屋ばかり、という建築計画を目にすることがありますが、本当に市場に合ったものなのか、なぜ合っていないかを大和ハウス担当者、オーナー様双方にしっかり説明し、市場に合ったものを建築してもらうことによって、入居者に長く住んでいただき、結果オーナー様の経営をサポートできるよう日々頑張っています。

質問リーダーの仕事とは?

この仕事には、営業所全体の力が必要。
メンバーが働きやすい環境になるよう心がけています。

リーダーになってからは自分の数字だけではなく、営業所全体や自身のエリアの数字を意識するようになりました。また、自身は効率のよい仕事の進め方にこだわり、その分チームメンバーの行動を把握できるようにしています。この仕事は一人だけの力でこなせるものではないので、絶対に営業所メンバー全体の力が必要になってきます。そのためにはチーム全体の意識を変えて行くことがが大切だと考えているので、メンバーが働きやすく、風通しのいい職場環境になるよう心がけています。

質問今後の目標は?

担当エリアのすべてを把握できるくらい地域に密着し、地元のオーナー様たちと対等に話せる営業が目標です。

担当するエリアの市場を自分がすべて把握できるくらい、地域に密着した営業になることが目標です。この人に相談すれば何でも知っているから大丈夫と大和ハウス、オーナー様等すべての関係者から思われるようになれたらと思っています。今でもこのエリアを長くやらせてもらっているのでかなり自分では分かっているつもりですが、やはり地元のオーナー様達には、地域の情報や市場の知識の面でまだまだかないません。そういった方々と同等に話せる営業になっていきたいと考えています。

質問メッセージ

何をするべきかをしっかり把握し、コツコツと真面目に取り組めば、自ずと結果がついてくる仕事です。

この仕事は覚えることも多く、専門知識を要する資格が必要になるということもあり、最初は困惑することが多いと思います。ですが、何をするべきか把握できれば、難しいことは特にありません。また、営業職についてですが、一発大きい受注を取るようないわゆる「営業」のような仕事ではなく、コツコツと真面目に仕事に取り組んでいれば自ずと結果はついてくるものだと思っています。
また、フレックスタイムを活用した働き方もできるので、プライベートも充実させることができると思います。

OFFの日には…

主に子供と過ごしています。まだ小さいのでこれから成長していくのが楽しみです。

OFFの日