Daiwa Living®

大和リビング株式会社

Daiwa Living COMPANIES 大和ハウスグループの賃貸住宅

大和ハウスグループサイト

用語集

間取りに関する用語

「あ」行の用語

用語名
説明
アトリウム
中庭のことです。屋根のかかった吹き抜けの大空間に、大きな樹木を植込んだ例が多い。インテリジェントビルなどで話題となりました。
アプローチ
一般には接近という意味ですが、建築の分野では道路・広場等から個々の建物(住宅の場合は玄関)に至る通路をいいます。
アルコーブ
室の壁ぎわに設けた壁の一部をへこませた部分のことで、和室の床の間や玄関ホールに設け、花を置いたり絵を掛けたりする利用方法があります。
ウォークインクローゼット
造り付けの大型収納庫のことです。主として衣類の収納に利用されています。家具というよりは部屋といえる大きさのもので、その中に入って使い、主寝室に接して設けられる場合が多いです。
ウッドデッキ
主にリビングなどと接する部分に造られた木の甲板で、バーベキューやパーティー等多目的に使えます。
LDK
食事スペースと台所が一体となったDKに、さらに居間の機能を持たせたものです。
エントランス
主に建物の玄関部分のことです。
オープンスペース
建築物によって隠ぺいされていない土地・地域の総称。緑地・公園・敷地内の庭や空地等をさします。
踊り場
階段途中の少し広くなっている部分のことです。参考までに「踊り場」という言い方は日本しかないそうです。

「か」行の用語

用語名
説明
壁心
建物の床面積を計る際に、壁の厚みの中心線を想定し、その中心線に囲まれた領域を床面積とする考え方のことです。
カーポート
屋根付き駐車スペースのことです。
共用部分
建物内のエントランス、エレベーター、外廊下など、居住者が共同で使う部分のことです。
居室
建築基準法では、居住・執務・作業・集会・娯楽等の目的で継続して使用する室と定められています。住宅では、居間・応接室・寝室・食事室等は居室であり、浴室・便所・納戸・廊下等は該当しません。居室には、その性格上、採光・換気のための開口部などが要求され、また、一定の用途・規模の建築物では居室の大きさなどにより、防火・避難上の措置が要求されます。
グルニエ
屋根裏スペース (フランス語)。
クローク
洋服入れのことです。本来は「外套」を指します。
クローズドキッチン
「独立型キッチン」とも呼ばれます。キッチンをほかの部屋から独立させることで、料理中の煙やにおい、音などが漏れにくくなります。
クローゼット
洋室に設置された収納庫のことです。主に洋服類を収納するためにあり、ハンガーパイプが付いていることが多く奥行きは50〜60cm程度です。(ふとんなどの収納には適さないことに注意)
コミュニティホール
マンションの住人が親交を深めるためなど、多目的に利用できる場所のことです。趣味の会や親睦会などに利用されることが多いようです。

「さ」行の用語

用語名
説明
下がり天井
天井が低くなっている部分で、その中に梁やパイプスペース等があります。
サニタリー
浴室、洗面、トイレ等、衛生設備機器。
サンルーム
屋根や壁をガラス張りで造ることにより光を多く採り入れられる部屋で、リビングの外側に設置されることが多いようです。
スロープ
傾斜がついた通路のことで、自転車や車椅子、また高齢者等が通りやすくなっています。
センターコア方式
間取りの中央部分に玄関や水回りの設備をもってきた間取りのこと。これにより各部屋の独立性が高くなります。
専用庭
マンションなどの建物で、主に1階の居住者だけが専用的に使用できるよう作られた庭のことです。

「た」行の用語

用語名
説明
ダイニングキッチン(DK)
食事スペースと台所が一体となった部屋です。
耐力壁
組積造や壁式鉄筋コンクリート造の建物で、上部の重さ(垂直荷重)を支え、地震力・風圧力等の水平力にも抵抗できるように設計した壁のことをいいます。垂直荷重のみを負担し、水平力は負担しない耐力壁を支持壁と呼ぶこともあります。単なる間仕切壁のようなものは耐力壁とはいいません。
タウンハウス
広義には「低層集合住宅」と同義語として使用されます。狭義には低層集合住宅の一形式を示し、各戸ごとに専有もしくは専用の庭を持ち、さらに、共有のオープンスペースを持つものをいいます。
ダクト
空気調和および換気において、空気を所定の場所に導く長方形または円形の管路。「風道」ともいいます。
建具
押入れのふすま・障子・窓サッシ・玄関扉などの総称です。
建物面積
建物の延床面積のことです。各階の床面積の合計ですが、バルコニー・ベランダ等の面積は含まれません。地下室は含まれます。

土地区画の単位のことです。1坪=約1間2=約3.3uで、畳2枚分の広さとなります。
テラス
地上面より多角、緩い傾斜をもった人工または自然の平坦部。特に建物の前面にある露天の台状部分をいいます。
テラスハウス
低層集合住宅の一形式で、各戸ごとに前庭を持つものをいいます。
土間
玄関や台所の地面のままになったところをいいます。
トップライト
屋根の一部として取り付けられる窓で、採光を主目的としています。
トランクルーム
マンションの共有施設や別棟などに設置された小型の貸し倉庫のことです。荷物の保管などに利用したりします。

「な」行の用語

用語名
説明
中廊下
中央に廊下があり、その左右に住戸があるタイプの廊下。中廊下タイプの集合住宅を「中廊下式集合住宅」という。
納戸
住戸内に設けられた物置のことです。
濡れ縁
家屋の外側に設けられる雨ざらしの縁側。普通の縁側は長手方向に縁板を張るが、濡れ縁では縁と直角方向に張ります。元来、縁と縁側が同義でしたが、現在では縁はどちらかといえば建物の外部に設けられるものを指し、縁側は主に建物内部に設けられるものを指して用いられることが多いようです。

「は」行の用語

用語名
説明
パース
描こうとする建物とそれを見る人の間に透明な画面を立て、この画面を通じて映る建物の映像を描いたものです。また、これを幾何学的図法に基づいて描くテクニックです。
パーテーション
部屋の間仕切壁のことで、固定したものとスクリーンのように移動可能なものをふくめていいます。
パイプスペース(PS)
配管を通すスペースです。居室等からは離れているのが望ましいです。
パウダールーム
主に化粧直しがしやすよう考慮された専用部屋のことです。
パティオ
中庭のことです。
バルコニー
建物の外壁から突出し、室内生活の延長として活用できる屋根のない屋外の床のことです。一方、屋根のあるものはベランダと呼んでいます。
反転型
アパート、マンションで、左右対称になった間取り。例えば、4世帯のアパートで101号室と102号室の間取りでは、居室やバス、トイレ等の位置がそれぞれ左右対称になっていることが多い。
パントリー
キッチンに隣接した食器室や食品庫のことをいいます。
一坪タイプ浴室
浴室の広さを表す言葉です。一坪(約3.3u= 約 2 畳の広さ)となる浴室を一坪タイプ浴室といいます。
ピロティ
ことば本来の意味は「くい」ですが、転じて建物の1階または2階を列柱で支え、壁体などを作らない構造の部分をピロティといいます。柱だけのピロティ部分と、壁体を有するほかの部分との剛性が異なるため、構造強度上、注意する必要があります。
吹抜け
1階から2階天井まで見上げられるような、空間がつながっている部分(2階建例)。玄関やリビング、階段部に吹抜けを設けることが多い。
サービスルーム
プレイロット
建物の敷地内に造られた幼児向けの遊び場のことで、ブランコや砂場などが設けられるのが一般的です。
プロムナード
敷地内の散策道、主に大規模マンションに配置されます。
ベランダ
ペントハウス
屋上に設けられた塔屋のことで、エレベーター機械室・階段室・高架水槽等の用途に使用されます。
歩車分離
生活空間の安全性を確保するために、歩道と車道を分離すること。

「ま」行の用語

用語名
説明
メゾネット
上下二層に分かれ、内階段で結ばれた集合住宅のことです。
メーターボックス(MB)
電気・ガス・水道メーター等を納めたスペースです。

「や」行の用語

用語名
説明
ユーティリティ
家事作業等を行うための部屋で、洗たく、乾燥機、収納等の設備が備えられています。台所から近い位置に設けられる場合が多いです。
床下収納
キッチンなどの床下に設けた収納庫。また和室の畳の下を収納スペースにしたものもあります。
ユニットバス(UB)
工場で加工されたものを現場ではめ込むタイプです。浴室だけの場合と、洗面台、便器を備えた3点タイプもあります。

「ら」行の用語

用語名
説明
ラバトリー
洗面所、トイレのことです。
ルーフバルコニー
下階の屋根部分を使用したバルコニーのことです。それにより、通常のバルコニーよりも広く、リビングの延長として使ったり、多目的に利用が可能。
ロフト
屋根裏スペースのことです。一般的には、部屋の一部を上下に分けた、上部スペースを指します。趣味のスペース、物置など多目的に利用できます。

「わ」行の用語

用語名
説明
ワンルーム
主に、キッチンと居住スペースが仕切られていない部屋をいいます。